異性と同じベッドで寝るとどんなメリットが期待できるの?

恋人と一緒に寝ると恋愛ホルモンが増える?

恋人と一緒に寝ると恋愛ホルモンが増える?

誰かと一緒じゃないと寝られない、一人じゃないと寝られないなど、夜寝るときのスタイルは人によって異なります。

自分が一番落ち着いて寝られる方法が最適ですが、恋人同士の場合は一緒に寝ることで得られるメリットがあります。

それは恋愛ホルモンの分泌を促すということです。このホルモンはオキシトシンというもので、信頼ホルモンや愛情ホルモンと呼ばれることもあります。

オキシトシンには信頼感や愛情を深める効果、安心感を生む効果があります。そのため、好きな相手と一緒に寝るときにオキシトシンが作用し、これが良質な睡眠へとつながります。

もし赤の他人と一緒に寝ることになったとしたら、不安で寝つけないという人もいるでしょう。したがって、恋愛ホルモンが増えるのは恋人と一緒に寝るときであり、お互いに愛情を深めたい場合に最適です。

恋人と一緒に寝ると健康にも効果がある?

恋人と一緒に寝ると健康にも効果がある?

人が誰かを愛しいと思うときに分泌されるのが、愛情ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」です。

大好きな相手・愛しいと感じる相手である恋人と一緒に寝ることでオキシトシンがどんどんと分泌され、それに伴い心が温かくなり、穏やかで優しい気持ちに包まれていきます。

それによってさらなるリラックス効果が生まれ、一人で寝る時よりも質の良い睡眠が得られるようになります。また、オキシトシンには消化促進効果や炎症抑制の効果もあります。

良質な睡眠は健康になるために必要不可欠なものですし、毎日の食事にも関係してくる消化促進効果も得られるということは、恋人と一緒に寝ることで健康にも良い影響があるといっても過言ではないでしょう。

男性よりも女性の方が恋人と寝ると良い効果がある?

男性よりも女性の方が恋人と寝ると良い効果がある?

男性よりも女性の方が、恋人と寝ると効果的な時があります。女性は精神的な満足感を得ようとする習性が目立ちます。愛情を欲したり、自分を愛して欲しいという願望が男性よりも多いです。

愛した恋人と眠ると「良い効果」を得られやすくなりますが、安堵や愛、楽しみは精神的にも行動も前向きにします。

人は不快や不満、嫌だに弱いです。それらは人の精神を後ろ向きにしてしまいますが、頻繁に不満などが来ると病んでしまうのが問題点です。

女性は感受性が強くストレスを溜め込みやすい傾向はありますが、好きな恋人と眠ることでストレスが消えたり、不満が解決するのは有りうることです。

嫌いな相手といるよりも、好きな人が近くにいる方が精神も健全になります。